ひとくちコラム vol.26

プレリュード(平均律 第1巻 第1番 ハ長調 BWV.846より)/バッハ

収載巻:レパートリーコレクションズⅢ

PSTA指導スタッフ 手塚 真人

体型が似てるからという訳ではありませんが、私はバッハが大好きです。

バッハと言えばチェンバロなど鍵盤楽器演奏の大家、またバロックから古典へ移り変わる激動の時代を生きた大作曲家という印象が強いですが、それ以外オルガンの試験演奏、改修オルガンの検査などもバッハの重要な仕事として挙げることが出来ます。新しいオルガンが完成した!と何百キロも離れた所から呼ばれ試し弾きをしたり、あの教会のオルガン修理が終った!と聞けば何日もかけて検査演奏に出かけたり。
教会内に新しいオルガンを作成するにあたり、最大限の音響効果が得られるよう、オルガンの配置図まで作ったこともあるようです。

数日から数週間に渡る出張。その間弟子たちの学習素材として当初平均律は書かれたと言われています。

弟子たちの自習のために書かれた曲集にしては凄すぎる…。
さすがバッハ!ですね!

レパートリーコレクションズの販売店一覧はこちらから

レパートリーコレクションズをご購入いただけるお店をご紹介しています。
お店によって取扱いの無い場合や品切れの場合もございますので、ご来店される前に各店舗にお問い合わせいただくことをおすすめします。