ひとくちコラム vol.5

子供のためのアルバム 作品68 / シューマン第8番 勇ましい騎手 / 第10番 楽しき農夫 / 第16番 初めての悲しみ

収載巻:レパートリーコレクションズⅠ・Ⅱ

PSTA指導スタッフ 海川 千史

作曲者のロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann)は1810年生まれ、ロマン派の作曲家として名曲を数多く残しています。
作品番号1〜23はすべてピアノ曲で、1839年頃までに作曲されました。初期の作品がピアノ曲のみというのは、愛妻クララが女流天才ピアニストとして世に知れ渡っていましたので、クララに弾いてもらいたかったのでしょう。(クララは暗譜で演奏会をした最初のピアニストと言われ、自分で作曲した曲も演奏したようです。)

クララとの間には8人の子どもがいました。
作品15「子どもの情景」は子どもの姿をピアノ曲で表現しています(子どもが弾くには難しい曲です)。
それに対して、1847年頃に作曲された「子どものためのアルバム」は、子どものための曲集です。そのうちの数曲は、長女の誕生日のプレゼントとして作曲したようで、その後、曲を加えて作品68の曲集として出版しました。

第1部1〜18番は「幼い子どものために」、第2部19〜43番は「年上の子どものために」といった構成ですが、何度か手直しをし、最終的に1850年「子どものためのアルバム、43のピアノ小曲集」として出版されました。
シューマン一家の愛情に満ちた良き日々を思い起こさせる小品集です。

レパートリーコレクションズの販売店一覧はこちらから

レパートリーコレクションズをご購入いただけるお店をご紹介しています。
お店によって取扱いの無い場合や品切れの場合もございますので、ご来店される前に各店舗にお問い合わせいただくことをおすすめします。