PSTA
PSTA指導者専用サイトログイン お問合せ・登録情報変更

ホーム  > PSTAについて : PSTAのテキスト「ピアノスタディ(児童)」


PSTAのテキスト

NEWピアノスタディ1〜7を販売中です。

「NEWピアノスタディ1〜7」の詳細はこちら

※ピアノスタディ1〜3は販売終了しております。
※ピアノスタディ4〜7は2014年5月まで平行して販売します。
※ピアノスタディ7〜12は継続して販売いたします。

ピアノスタディ(児童)
児童レッスンイメージ「ピアノスタディ」は、一人ひとりのお子様がその成長にあわせて、自分の気持ちをピアノを通して豊かに表現できる力を、楽しく着実に身に付けられるように、ヤマハが願いを込めて作ったテキストです。
「ピアノスタディ」は永年、ヤマハピアノ教室の専用テキストとして使われてきた教材です。ヤマハの音楽教育の経験と蓄積されたノウハウから生まれたメソッドで、総合的な音楽力をつけるレッスンが可能です。
「ピアノスタディ」の特長
「ピアノスタディ」の特長カリキュラムにもとづいて、約半年を目安にステップアップしていく構成です。
レパートリーは幅広い時代やジャンル、ヤマハのオリジナル楽曲も含み、楽しみながら能力を育成出来ます。
教材はテキスト、レパートリーブック、CDなどが組み合わされたトータルなアイテムとなっています。更に上級ステップになると、学習者の状況にあわせ、市販の教材も取り入れられる、汎用性も持っています。
「きいたり、うたったり、ひいたり」、色々な要素を楽しみながら学ぶことで、身体全体で音楽を感じながらピアノが弾けるようになります。

「ピアノスタディ」の特長

サウンドデータFDの活用で、オーケストラとのアンサンブル経験や、連弾などが幅広く体験できます。

※サウンドデータFDはピアノプレーヤやミュージックデータプレーヤにてご使用になれます。

これまでの指のテクニックを中心としたテキストとは一味違う、音楽を総合的にバランスよく身につけることができるテキストです。

ピアノスタディ 教材の構成

ピアノスタディは、全部で12のステップから構成されています。

一つのステップの期間は、約6ヶ月程度を目安に考えられて制作されています。(実際の進度はひとりひとりの生徒の状況によって異なります。)

今後の努力目標を明確にし、意欲を持ちながら進んでゆけるように、全てのステップはグレード13〜6級に準拠しています。

それぞれのステップ毎に、教材が用意されています。

 

ヤマハグレード(ヤマハ音楽能力検定制度)教材は、その要素ごとに「ピアノスタディ(メインテキスト」、「ピアノスタディレパートリー」、「CD」、および「音源データフロッピーディスク」で構成されています。
(ステップ9以降のレパートリーは、市販教材を活用します。)
これらを組み合わせて使うことで、効果的なレッスンが可能となります。

ピアノスタディ1-12
写真:ピアノスタディ1-12
音源CD
写真:レパートリー1〜8
音源CD
写真:音源CD
音源CD
写真:音源FD


各教材の説明

ピアノスタディ(メインテキスト)

ピアノスタディ(メインテキスト) 連弾・ドリル・スケールとカデンツ・歌詞唱・ソルフェージュ・リズム打ち・キーボードハーモニー・楽典・コラム・読譜(記譜)・聴音指導、などから構成されています。
メインテキストでは、音楽の多くの要素を経験します。レパートリーを演奏するために必要な、イメージする力の育成や音楽的知識の理解、リズム感やハーモニー感の育成、アンサンブル感覚を育て、自分の気持ちを豊かに表現できる力を育てることを目的としています。
ピアノスタディ(メインテキスト)

ピアノスタディレパートリー

ピアノスタディレパートリーさまざまな音楽スタイル(ポリフォニック、ホモフォニック、古典から現代に至る様式、ポピュラー、クラシックなど色々なジャンルの音楽)のレパートリー曲が収録されています。
あらゆるレベルの生徒が、楽しく興味をもって、無理なく演奏力の育成を図り、豊かな音楽力を身につけることを目的としています。
メインテキスト、CDと組み合わせて使うことで大きな学習成果を期待できるよう作られています。
ピアノスタディレパートリー

CD

CD以下の楽曲の参考演奏が収録されています。
       ・レパートリーブックに掲載されている曲
       ・連弾曲
       ・歌詞唱曲
レパートリー曲を参考演奏として聴くことで、生徒がその楽曲の曲想や音楽構成などを把握する上での手助けとなります。
連弾曲では完成された楽曲を聴くことができ、また歌詞唱曲を聴くことにより豊かなイメージを膨らませることが出来ます。CDを活用することで、レッスン展開の幅が格段に広がるだけではなく、生徒の家庭での学習でも役立ちます。
CD

音源データFD

音源データFDメインテキスト、レパートリーブックの各項目、各曲の学習効果がより高まること目指して作られた音源データが収録されています。
練習の過程や仕上げの段階でアンサンブルの感覚を養いながら、効果的な指導に活用できる、また、生徒が家庭での練習に活用することにより、より効果的な学習が行なえるなど、様々な場面で活用でき、レッスンや生徒の自宅学習の手助けとなります。
ピアノプレーヤ用と、MDP−10用の2種類がございます。
※ピアノプレーヤ、伴奏くん(MDP−10)、クラビノーバ(FDドライブ・XG対応機種)で再生が可能です。

「ピアノスタディ」レッスンカリキュラム
  • ピアノの演奏指導に加えて、ソルフェージュや伴奏づけ、歌唱やリズム打ちなど、総合的な音楽力の基礎となる、リズム・メロディー・ハーモニーの「音の三要素」を学習段階に応じてバランスよく身につけていく内容となっています。
  • ピアノ演奏グレード13〜6級に対応したカリキュラムで指導者、生徒、保護者がそれぞれに目標と達成度合いを確認出来る内容になっています。

「ピアノスタディ」レッスンカリキュラム

「ピアノスタディ」テキストとグレード
「ピアノスタディ」テキストとグレードヤマハ音楽検定制度(ヤマハグレード)は海外での「ディプロマ」に相当しています。「ピアノスタディ」のカリキュラムは、このグレードと連動していて、区切りのステップ修了ごとの受験を目標とすることで、学習成果を確認し、達成感のあるレッスンを行うことができます。
PSTA指導者であれば、ご自宅を会場として先生自らが試験官として、13級から11級のグレード試験を実施していただくことができます。
詳しくは「PSTAのサポート」をご参照下さい。

「ピアノスタディ」テキストとグレード

お買い求めの際はお近くのヤマハ楽器特約店、ヤマハミュージック各店まで。

音源データフロッピーディスクの構成について
<FD音源>
 FDはピアノプレーヤ用とMDP10用の2種類があります。Step1-8までは各Step2枚3,780円、Step9-12は各Step1枚1,890円です。なお、20枚セット(Step1-12)37,800円も用意されています。
〜ピアノプレーヤー用FDとMDP10用FDの違いについて〜
 MDP10用FDとは、MDP10固有の機能であるメトロノーム機能などを利用できるように、従来のピアノプレーヤ用FDをMDP10に対応させた商品です。MDP10を使用してそれらの機能を使うことが前提の場合には、MDP10用FDをご購入ください。
 なお、MDP10用FDは2HDのため、2DDのみ対応の機器ではご使用できません。また、MDP10用FDはSMF1というシーケンスフォーマットを用いているので、同フォーマットを再生できない機器ではご使用になれません。使用する機器を十分ご確認の上、ご購入ください。
ピアノプレーヤー用FD   ・サイレントアンサンブルピアノ
    ・ピアノプレーヤ (注1)
    ・MDP10 (注2)
    ・グラビノーバ (XG音源内蔵モデル) (注3)
     
MDP10用FD   ・MDP10
    ・サイレントアンサンブルピアノ
    ・グラビノーバ (XG音源内蔵モデル) (注3)
     
  • (注1):ピアノプレーヤはピアノ音のみの再生となります。
  • (注2):メトロノーム機能、テンポ表示機能など、一部の機能は利用できません。
  • (注3):機器により音色感や音量バランスなどが大きく異なる場合があります。


ページの先頭にもどる
Copyright© YAMAHA MUSIC FOUNDATION. All rights reserved.